工務店が作る住宅の魅力


地域密着型の工務店で建てる

家を建てたいと考えている人の中には、ハウスメーカーと工務店のどちらに依頼すれば良いのか分からないと考えている人も多いかもしれません。


工務店で住宅を建てる魅力としては、なんといっても地域密着型が多いことが挙げられます。大きなところもあれば小さなところもありますが、一般的にはハウスメーカーと比べると小さいのがひとつの特徴です。


経営効率を良くするため、対象を全国にしているよりも多くは地域に密着している特徴があります。


地域密着ということは移動時間も少なくなり、その方が多くの現場を管理したり監督することができ、何かあった際にはすぐに駆けつけられる事が一つの魅力です。


本社から実際に住宅を建てる現場まで1時間圏内、どんなに遠くても2時間圏内としている会社が多く見られるのはこれが理由と言えるでしょう。


そのため気に入った工務店があるけれども、遠方であるために断られるケースはよくあることです。



会社の理念や思考が出やすい

二つ目にあげられることは比較的自由度が高いことです。社長や経営陣などの考えがそのまま現場に反映される特徴があります。


このようなことから社長や経営陣が家づくりにおいてどのような点にこだわっているのかについて、しっかりとチェックを行う必要があります。


間取りを重視しているのか、それとも建材、構造なのか、保証なのかなど様々です。


ハウスメーカーの場合には多くの人に受け入れられるようにすることは、経営の規模から見てもかなり難しいため、特定の顧客に受け入れられるようにするための特色を設けているのが一つの特徴です。


施主と工務店の考えが一致した場合には、満足できる家を作り上げることができますが、考えが一致しないようであれば、満足いかなくなってしまう可能性も考えられます。



自由設計でも安く仕上がる

そしてハウスメーカーとは異なり、建材を大量生産したり設備を大量仕入れすることはそれほどありません


大量仕入れをすると言っても、安い時を見計らって建材や設備などをやや多めに仕入れておく程度と言えるでしょう。


そのため規格商品を作り安価な値段で提供するというのはやや難しいことであり、顧客に応じひとつの商品を生産していくこととなります。


とはいえ融通が利きやすいのが一つの特徴であり、間取りや構造など比較的自由度が高いのが特徴です。


ひとつの商品を作る、ということは反対に値段が高くなってしまうのではないかと思う人も多いかもしれませんが、実は広告費や経費などはかなり抑えられているため、自由設計であればハウスメーカーよりもかなりリーズナブルに建てられる可能性も考えられます


そして実際に直接施工を行うことにより、現場での豊富な実績が積み上がっていくのが特徴です。


こうすれば安く済ませることができる、こうすれば顧客の要望に応じられるなどの学びで応えていくのです。



実は魅力がいっぱい地元工務店

このようなことから、工務店で家を建てることの魅力としては、自由度の高さコストパフォーマンスの高さ家づくりを隅々まで決められることの三つであるとわかります。


一つの商品をつくるため会社の方針や構造上の、また法規上などで問題がなければ、施主の様々な要望に応えてもらえるでしょう。


間取りや構造、外観などでかなり融通が利くということがわかります。


一つの具体例を挙げると、木造で大きな吹き抜けを作りたいと考えた場合には、ハウスメーカーではなかなか答えてもらえないことがほとんどです。


しかしこれが工務店であれば、構造的に問題が起きないようにすることにより対応してもらえることでしょう。


数寄屋造りなどのようなこだわりを持った家にしたいと考える場合にも対応してもらえます。


これらはひとつの商品を作り上げることならではの魅力と言えるでしょう。