屋根裏もデザインの一部


建物のはなし

小さくても開放感のある家にしたくて、S様ご自身で間取りを書いてイメージを伝えたそうです。それを実現するための設計士の細谷さんの提案は、屋根裏を見せること。そのために、さらに外断熱を提案してくださったり、イメージをカタチにするためのアイデアを色々出して頂きました。お陰で、とても明るくて住み心地の良い家になったと喜んでいらっしゃいます。